新生銀行

新生銀行カードローン エルはどんなカードローン?審査などの詳細を解説!

新生銀行カードローンエル画像
新生銀行には、「新生銀行カードローン エル」というカードローンがあります。

しかし、新生銀行カードローン エルの情報はインターネットでもあまりないため、「どんなカードローンなのかイマイチ分らない・・・」という人も多いでしょう。

新生銀行カードローン エルは少し特殊なカードローンなため、詳細を知らずにいるのはおすすめできません。

詳細を知らずに申し込みしても、利用できないケースが多くあるからです。

そこでこの記事では、新生銀行カードローン エルがどのようなカードローンなのかを丁重に解説していきます。

新生銀行カードローン エルはこんなカードローン

新生銀行カードローン エルは、「新生銀行カードローン レイク」が名称変更したものになります。

レイクは2019年11月28日より、名称をエルに変更しました。

このため、新生銀行カードローン エルは、以前に新生銀行が提供していたカードローン「レイク」だと思っておけばOKです。

もちろん、レイクと契約中だった人はそのまま利用ができます。

新生銀行カードローン エルの貸付条件・審査時間・融資時間

ここからは、新生銀行カードローン エルの貸付条件・審査時間・融資時間について解説してきます。

まず、貸付条件ですが以下のようにレイク時代と変りありません。

融資額 最大500万円
金利 年4.5%~18.0%
利用条件 満20歳~70歳
返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
返済期間・返済回数 5年・60回
担保・保証人 不要

新生銀行カードローン エルはレイクが名称変更しただけのカードローンですので、貸付条件の変更はないんですね。

審査時間と融資時間は銀行カードローンとしては早い

審査時間と融資時間はどちらも最短翌日です。

このため、銀行カードローンとしては早い部類になります。

レイク時代は即日融資も可能でしたが、現在、銀行カードローンの即日融資は禁止されているため、申し込みしたその日に借りることはできません。

新生銀行カードローン エルの借入方法と返済方法

新生銀行カードローン エルの借入方法と返済方法は次のようになっています。

借入方法 銀行振込
新生銀行カードローンATM
提携ATM
返済方法 WEB返済
新生銀行カードローンATM
自動引落し
提携ATM
銀行振込

新生銀行カードローン エルは、借入と返済ともにATMで利用しても、利用手数料がかからないというメリットがあります。

どのATMでも利用手数料無料ですので、余計な出費を気にせず借入や返済を行なうことが可能です。

新生銀行カードローン エルは新規申込が不可!?

残念ですが、新生銀行カードローン エルは新規申込ができません。

新規の申し込みは2018年3月末で受付を停止しています。

現在申し込みができるのは、「過去に新生銀行カードローンレイクかエルの取引をしていた人」です。

つまり、レイクもしくはエルを解約した人ですね。

このため、新生銀行カードローン エルに申し込みできるのは、「レイクを解約したけど、また借入したくなった」というような人だけです。

レイクを解約していなければ申し込みや審査は不要

レイクを解約していないのであれば、申し込みや審査は不要で借入できると知っておきましょう。

レイクの契約は自動更新であり、こちらから解約手続をしない限りはたとえ完済したとしても、契約時期が来たら契約が自動的に更新されます。

これはエルになってからも変りありません。

先述しましたが、新生銀行カードローン エルはレイクが名称変更しただけのものですので、契約やサービスはそのまま引き継がれています。

そうしたことから、「レイクを利用していた」という人で解約をしていないのであれば、エルとは契約中である可能性が高いです。

契約中である人なら、申し込みや審査は不要で借入できます。

新生銀行カードローン エルが利用できない場合は「レイクALSA」を検討!

新生銀行カードローン エルは新規申込を受け付けていないため、「利用できない・・・」という人が多いです。

そうした場合は「レイクALSA」を検討してみてはいかがでしょうか。

レイクALSAもエルと同じく、新生銀行カードローンレイクをルーツとしたカードローンですが、こちらは新規申込が可能です。

レイクALSAの金利や限度額はエルと同じです。

また、レイクALSAにはエルにはない以下のようなメリットがあります。

  • 最短60分で融資が可能
  • 無利息サービスがある
  • スマートフォンアプリで利用できるサービスがある

最短60分で融資が可能

レイクALSAは急ぎでお金借りたい場合でも心強く、WEBなら最短60分で融資も可能となっています。

レイクALSAは消費者金融なので、銀行カードローンのエルとは違い、即日融資ができないという制限がありません。

審査は最短なら当日中に完了し、契約後はすぐに利用できますので、早ければ1時間程度で融資が受けられます。

無利息サービスがある

レイクALSAには以下の2つの「無利息サービス」があります。

  • 契約日の翌日から60日間(WEB申し込みのみ)
  • 契約日の翌日から180日間(借入額5万円まで)

無利息サービスとは、サービス期間中は利息が一切発生しないというものです。

このため、無利息サービスの期間だけ利息をお得にできます。

無利息サービスの期間中に完済できるのであれば、利息0円で借入することも可能です。

スマートフォンアプリで利用できるサービスがある

レイクALSAの公式アプリ「e-アルサ」は、セブン銀行の「スマホATM」と提携しています。

セブン銀行のスマホATMとは、スマートフォンだけで金融機関との取引ができるサービスです。

つまり、スマートフォンが金融機関のカード代わりになるんですね。

スマホにeアルサをインストールすれば、セブン銀行のスマホATMが利用できるようになるため、申し込みから借入までをスマホだけで完結できます。

また、返済や利用状況の照会などもできますので、スマホひとつでレイクALSAのサービスのほぼすべてを利用可能です。

レイクALSAに申し込みして借入するまでの流れ

ここからは、レイクALSAに申し込みして借入するまでの流れを解説していきます。

申し込みには必要な書類がありますので、まずは必要書類から確認していきましょう。

申し込みに必要な書類

レイクALSAの申し込みに必要な書類は以下の2つです。

書類の種類 提出条件 有効な書類
本人確認書類 必須 運転免許証
パスポート
マイナンバーカード
健康保険証
在留カード/特別永住者証明書
収入証明 ・希望限度額50万円超になる場合
・レイクALSAの希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超になる場合
源泉徴収票
給与明細
特別徴収税額の通知書
確定申告書
所得(課税)証明書

借入までの流れ

借入までの流れはWEB申込の場合ですと、以下のような感じになります。

1. レイクALSAの公式サイトで申込手続をする
2. 仮審査結果が画面に表示
3. 本審査
4. 契約方法を「WEB完結」・「WEB契約」・「自動契約機」から選択
5. 借入

申込完了後、仮審査結果のみでしたら、以下の時間帯であれば、申込後にすぐに結果が表示されます。

通常時間帯 8:10~21:50
毎月第3日曜日 8:10~19:00

上記の時間帯以外ですと、翌営業日にメールでの通知となります。

仮審査後は本審査となり、おもに「在籍確認」や「提出書類の確認」などが行なわれます。

本審査に通過後は契約となり、以下の3つの方法のいずれかで契約をします。

契約方法 特徴
WEB完結 郵送物なし
WEB契約 郵送物あり
自動契約機 カードをその場で発行してもらえる

契約後はすぐに借入でき、WEB完結とWEB契約の場合は「銀行振込」、自動契約機で契約した場合は「ATM」から借入するのがもっとも早いです。

新生銀行カードローン エルまとめ

新生銀行カードローン エルは、新生銀行カードローンレイクが名称変更したものであり、レイクかエルを利用していた人だけが申し込みができるようになっています。

このため、新規申込は受け付けていません。

金利や限度額などはレイク時代と変らず、銀行カードローンとしては優れているわけではありません。

銀行カードローンであるため、即日融資も不可能です。

正直申込するメリットはあまりないため、今から申し込みするなら「レイクALSA」のほうがおすすめです。

-新生銀行

© 2020 お金借りるならどこがいい?お金を借りる方法とおすすめをプロが完全解説!